薄毛

ブラッシングの効果

女性にとってブラッシングは例え薄毛になったとしても、かかすことがありませんが、男性は余計に抜けてしまうのではないかと忌避するような傾向にあります。
はっきり言って逆効果です。
ブラッシングすることによって、頭皮についてしまった皮脂や老廃物による汚れが浮き立ち、シャンプーなどで汚れが取れ易くなります。
またそれだけではなく、頭皮の血行が促進されて新陳代謝が上がります。抜け毛や薄毛に対する予防効果だけではなく、頭皮マッサージと同様な効果があるとされています。
しかしながら乱暴なブラッシングは髪を途中で引き抜いてしまいかねませんので、頭皮をいたわるように優しいブラッシングを心がけてください。
http://pawst.com/bibb/にシャンプーを用いたマッサージ法が紹介されていますので、よかったらこちらもご覧ください。
マッサージ代わりに頭皮を刺激しようと、必要以上に刺激を与えて、ゴシゴシと早く何回もブラシを動かしてはいけません。
頭皮を傷めてしまった結果、抜け毛を増やしてしまいかねませんので、注意してください。

ブラッシングを行うのにいい時は、シャンプーの前は汚れを浮かすのでいいですし、外出先から帰ってきた時にも汚れが定着する前に落とせますのでお勧めです。
そして意外なのは眠る前のブラッシングです。
頭皮を適度に刺激することによってリラックスして安眠できます。
髪にとっても睡眠とリラックス、副交感神経は大切なものですので、きちんと乾かして、育毛剤を浸透させた髪をブラッシングして睡眠をとりましょう。

肝心のブラシについてですが、ブラシの素材がソフトなものが髪への当たりも柔らかく、ブラシの先が球状になっていると頭皮に当たっても痛くないので、
このようなブラシがお勧めといえるでしょう。
目の細いくしやブロー用のロールブラシはやめておいた方がいいでしょう。
一番理想とされているのは、「獣毛製」のブラシです。
「豚毛ヘアブラシ」や「猪毛ブラシ」が髪に自然なツヤを与える効果があり、静電気がおきにくいとされています。

毎日丁寧なブラッシングをすることは髪にはとても良いことなのです。

▼育毛剤に効果のある食品はこちら         ▼詳しいブラッシングのやり方について