薄毛

育毛剤の副作用

育毛剤は残念ながら副作用が起こる成分を含んでいるといってもいいものですので、人によっては副作用が起こってしまうことがあります。
主に副作用としてあげられるのは、湿疹、かぶれ、頭痛、めまい、低血圧などですが、必ず起こるとは限りませんので、極端に恐れる必要もありません。
ですが、何も知識がないよりはあった方がいいでしょう。

育毛剤に含まれている成分で副作用が起こりそうなもので代表的なものは、ミノキシジルやフィナステリド(プロペシア)といった医薬品の育毛剤には可能性があるといえます。
フィナステリドの方は副作用の出る可能性は高くなく、起こりうる副作用は性欲減退、精子の減少、胃部不快感、女性化乳房など、
一日の使用量1mgを超えて使用するとリスクが高まりますのでご注意ください。

ミノキシジルの方で多く最もみられる副作用は頭皮のかゆみです。
かゆみの程度は人それぞれで、中には我慢できないほどのかゆみに襲われることもあります。
他にも頭痛やめまい、低血圧、赤ら顔、不整脈、動悸、手や足や顔のしびれにむくみ、急速な体重増加、胸痛、にきび、発しん、皮膚の紅潮、性欲減退、多毛症
などといった症状が確認されています。
もしそのような症状が表れましたら、すぐに使用を中止して医師の診断を必ず受けるようにしてください。
医薬品ですので、用法、用量を守るかぎりそうそう強い副作用は起こりませんが、注意して使用した方がいいでしょう。

副作用が心配過ぎて使えないという人には、副作用が本当に起きにくい天然成分で作られた無添加、無香料の育毛剤がお勧めです。
医薬品などが入っていないのであれば上記のような副作用は起きにくいといってもいいでしょう。
勿論個人の体質の差というものがありますので、まったくかぶれたりしないという断言はできませんが、安全性は高くなるでしょう。

十分に配合成分などを確認した育毛剤を毎日正しく使い、継続していくことこそに意味があるといえるでしょう。
安心て使える育毛剤を選びたいものです。

▼人気の育毛剤ランキング                   ▼薄毛の原因はこれ!