薄毛

育毛剤をつける時間帯

育毛剤はつける前にするとこは頭皮の状態の確認、できましたらシャンプーをして、頭皮から汚れや老廃物を取り除いてからがいいでしょう。
老廃物の上から塗布しても、邪魔をされてしまい育毛剤の効果がありません。

傷つけないように丁寧に指の胎でシャンプーをし、よく洗い流しましょう。
その時もゴシゴシを乱暴にはせずに、洗いながし、拭くときも丁寧に水気だけを取ります。
乱暴にしてしまっては新たに毛が抜けてしまうという事態にもなりかねませんので、注意しなければなりません。
完全に乾かすためにはタオルだけでは無理ですので、ドライヤーも使うことも構いませんが、あまりあてすぎては髪を傷めてしまいますので、気をつけなくてはなりません。

髪が完全に渇きましたら、育毛剤を付けることになります。
頭皮に浸透するようにマッサージしながら、付けていきましょう。
時間帯でいうならば入浴後の夜がもっともふさわしく、すぐに睡眠できればいうことはありません。

髪が成長する時間帯は午後10時~午前2時という時間帯であり、眠っている方が副交感神経が活動しやすいからです。
副交感神経はリラックスしている時に働きやすく、髪の成長も副交感神経の方に含まれています。
午後10時~午前2時という髪の成長が望ましい時に夜更かしなどをして興奮状態にあれば、働いているのは自律神経となってしまい、髪に栄養を運ぶ効率はかなり落ちてしまいます。

育毛剤によっては1日2回となっているものもあります。
わざわざ朝からシャンプーをする人もいるかもしれませんが、丁寧にシャンプーやきちんと乾かすことのできないという人は、軽くタオルなどで寝汗などの汚れを拭いて、
育毛剤を塗布しましょう。
昼間は仕事などの関係から無意識に緊張状態にあり、交換神経の方が活発といってもいいために、あまり育毛剤を付ける時間に向いているとはいえません。
朝に少しばかり早く起床して、リラックスした状態で2回目を付けると言うのが望ましいでしょう。

▼正しい育毛剤の使い方                 ▼育毛剤はお風呂上りがおすすめ