薄毛

育毛剤の種類

簡単に育毛剤といっても抜け毛や薄毛の原因は、人によって大きく異なることも多く、全く違う効果のものを使っていては無駄になってしまいます。
そこで髪の状態と原因などをしっかりと把握してから、自分にあった育毛剤を選ぶようにしましょう。

男性ホルモンが引き起こすAGA(男性型脱毛症)の人に有効なのは、男性ホルモンの一種である
「テストステロン」を「5αリダクターゼ」という酵素と結びついて、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されないようにするという5αリダクターゼの働きを抑える育毛剤です。
この育毛剤は抜け毛予防として役に立ちます。

頭皮の血行不足により、頭皮に栄養が行き渡らずに抜け毛や薄毛になってしまうタイプには、抹消神経拡張剤などを使うことによって、
頭皮の毛細血管を拡張することで血流量を増やし、これが毛乳頭への栄養補給を多くします。
頭皮のマッサージと併用して使うと、一層血行の促進がなされます。
多くの育毛剤で最も多いのがこのタイプなのですが、たばこを喫煙してしまうと、せっかく開いた血管を縮小してしまうという効果を消してしまいますので、
愛煙家には向かないといってもいいでしょう。

頭皮や毛根に栄養を与えるタイプは、有効成分を頭皮や毛根に与えて髪を元気にしようというタイプで、栄養をそのまま補給させて毛母細胞に働きかけて
細胞の活性力を高めることによって育毛します。
ただし皮脂の分泌が過剰な場合は、育毛剤の栄養が浸透しにくい場合がありますので、自分の頭皮の状態を確認してお選びください。
過剰な皮脂の分泌が、フケやかゆみを頭皮に引き起こしてしまうタイプには、抗脂漏剤を使い、過剰な皮脂の分泌を抑えることで、脱毛を防ぎ、自然な育毛を促します。
頭皮が脂でベトベトでは、毛穴が詰まって髪の毛が育ちにくい環境のためにそこから改善する必要があるといえるでしょう。

他にも細かなタイプには分かれますが、自分がどのタイプか、どのタイプがあっているのかを考えて、選びましょう。

▼育毛剤に含まれる有効成分           ▼育毛シャンプーを正しく選ぶには